Translate

Ponte Vecchio / 老橋 / ベッキオ橋

水彩教室のお題にヨーロッパの風景をリクエストされて、まず頭に浮かんだのがこの「ベッキオ橋」。橋の上に商店が軒を連ねているのが面白くてねぇ、さすがヨーロッパの古都、同じは市をダヴィンチやミケランジェロが通ったと思うと感慨深いもの。あのラファエロやメディチ家の人々もここを歩いたなんてね……。

Ponte Vecchio ベッキオ橋 老橋

フィレンツェを訪れたのは二十歳の時、かれこれ40年も前になってしまいました。
参加した学校の美術研修旅行。学生ばかりの貧乏ツアーなので、ローマで飛行機を降りてからフィレンツェ、チューリッヒ、ハイデルベルグ、アムステルダム、ロンドンまで、全部バスと列車で移動(ロンドンへはフェリー)、最後のパリを除いて各都市1〜2泊という弾丸ツアーでした。
どっかに写真があるのだけれど、どこにしまったかな?

写真が見つからなかったけれど、ともかくベッキオ橋を課題にしようと思ってフリー写真をネット上からお借りしました。

新しい試みとして、長い長い橋の屋根を小さな平筆で描いてみました。正確には描けないけど味があると思う。
水彩画、平筆で屋根を描く
平筆で屋根を描いているところ。詳しくはムービーをご覧下さい。





Ponte Vecchio Watercolor / 老橋 / ベッキオ橋 水彩
 Ponte Vecchio  / Firenze Italy 
ベッキオ橋 / フィレンツェ イタリア
水彩画 22x31cm Waterford300g Cold press


2 件のコメント :

  1. くどう先生 こんにちは
    いつも丁寧なアドバイスのお返事ありがとうございます。
    今回のデモも大変勉強になりました。
    絵の隣にパレットが置かれているのも何色を使用しているのか、とか
    水の薄め具合とかが分かってありがたいです。
    ブログ右側欄から以前の記事も拝読させていただいてますが
    先生でも失敗したり、1枚に15~30時間時間がかかる場合があると知り
    勇気が出ました。
    時間がかかっても、失敗してもめげずに描き続けます。

    返信削除
    返信
    1. ギンコさん、コメントありがとうございます。ささやかですが、水彩画の参考になれば嬉しいです。また見に来て下さい。

      削除

ブログの感想をどうぞお願いします。

応援おねがいします。にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自己紹介

自分の写真

水彩画家のくどうさとしです。
Satosh Kudo / Watercolor artist
千葉と東京で水彩教室
【日本透明水彩会】(JWS)会員
Member of Japan Watercolor Society