Translate

マスキングインク

マスキングインクのヒント

水彩画を描くとき、僕はマスキングインクをよく使います。使い方はカンタン。

1 白抜きにしたいところにマスキングインクを塗って乾かします。
2 マスキングインクの上から絵の具を塗ります。
3 絵の具が乾いたら、ラバークリーナー(マスキングインクを剥がすゴムのクリーナー)でそっとこすってマスキングインクを剥がすと、その部分が白く残ります。
4 色を着けたいときは、白い部分に色を着けることも出来ます。

きりっとした白い細線を描きたいときや、小さな花、看板の文字など、いろんなモチーフで使えます。だけど、マスキングインクは絵の具に比べると使いにくいのです。

マスキングインクを使いやすくする

マスキングインクを使いやすくする

(詳しくは拙著 失敗しない水彩の画材選び  81〜82ページ参照)

マスキングインクは、どろっとしていて粘性が高いので、スムーズに筆やペン先から流れ出てくれません。なんとか紙の上にのせると、こんどは盛り上がってしまって細かいところが描きにくい。

ドロッとしたもの(表面張力が強い)をサラッとさせるには界面活性剤を入れてやればOK、ということで、マスキングインクを中性洗剤の薄め液で薄めてしまいましょう。

1.はじめに小さな器、ペットボトルのキャップ程度のものに水を一杯いれ、中性洗剤をほんの一滴たらして静かに溶かし、薄め液を作る。中性洗剤が多すぎるのは不可。

2.別のペットボトルのキャップのような小さな容器に、マスキングインクを1/3ほど入れる。(瓶からスポイトで移す。)

3.そこに、先ほど作った中性洗剤の薄め液をスポイトで注ぎ入れ、マスキングインクを2倍に薄める。

4.静かに混ぜて出来上がり。この液でマスクしたい部分を描く。

※薄める割合はマスキングインクのメーカーや用途によって適宜、調整して下さい。

中性洗剤のおかげで、水で薄めた場合よりスムーズに描くことができます。薄めたマスキングインクは戻さずに捨てましょう。
応援おねがいします。にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自己紹介

自分の写真

水彩画家のくどうさとしです。
Satosh Kudo / Watercolor artist
千葉と東京で水彩教室
【日本透明水彩会】(JWS)会員
Member of Japan Watercolor Society