Translate



マスキング入門、夕日 / サンタモニカ Sunset

2020年8月29日土曜日

水彩教室から

t f B! P L

 8月の課題 その1

8月の水彩教室、何と課題のムービーを二本も制作しました。
6月からはじめた通信講座、ムービーの編集が終わってから課題のテキストを送ると、
送る日にちが一定しないという弊害が。
そこで、今月だけ通信講座専用の課題をムービーにしてテキストを送り、
来月からはリアル水彩教室の課題を半月遅れで送ると言うことにしました。


通信講座専用の(初級講座も)課題は
「夕日 / サンタモニカ」
夕日と海の反射をマスキングインクで描きます。

マスキングインクの使い方

マスキングインクは画材店で売っています。
水彩紙に塗って乾かせばゴムの皮膜になるので、
描き終わってからマスキングインクを剥がせば
その部分は絵の具が付かないので白く抜くことができます。

マスキングインクはどろどろしているので
1.5〜2倍くらいに薄めると描きやすくなります。
詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

マスキングインク

 夕暮れの風景は

夕方は太陽が地平線に近づくので、光量が減って薄暗くなりますね。
斜めからの光は通過する大気の量が多く、青い波長は届きません。
だから夕日は赤く、散乱光も赤っぽいので、影も茶色になります。


夕日の時間でも思いのほか明るく見えるのは、
網膜の感度が上昇、脳も画像処理をするからで、
実は昼間とは比べものにならないくらい暗くなっています。
そこで、肉眼では明るく見えている風景を暗く演出して水彩画にしました。

肉眼のイメージと写真のイメージ

動画

それでは、動画をどうぞ。
2倍速で編集しているので、再生をx0.5にすると実際の速さになります。


完成した水彩画です。▼

水彩画 サンタモニカの夕日

水彩画「サンタモニカの夕日」
ウォーターフォード コールドプレス 300g
Sunset / Santa Monica
Saunders Waterford Cold press 300g



ブログ内検索

水彩ブログ


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ応援おねがいします。
にほんブログ村

水彩画を描く くどうさとし Watercolor - にほんブログ村
応援おねがいします。にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

QooQ