Translate

時にはこんな描き方 Painting style

水彩画を描いていると、たまには違う描き方をしてみたくなる。
画面にかがみ込んで息を止めて絵の具を置く、っていう描き方じゃあ無くて、何かこう、パパパ〜〜〜みたいな筆遣いで。たとえば、かの世界的に有名なアルバロ・カスタニェット(Alvaro Castagnet)氏みたいに描けたら、さぞ気持ちいいだろうな〜。


と言う訳で、いつもと違うスタイルで描いてみました。(実は時々試みているんだけどね)
1水彩紙は水張りせず、パネルにマスキングテープで貼り付ける。
2パネルは奥を高く、15〜30度に傾ける。
3筆は太いものを主に使う。リス4号とコリンスキー10号。
4ボディカラー(不透明)を使って、塗り残しは気にしない。
……
なんてところが、いつもと違うところ。

細かい描写より自由闊達に筆を走らせる感じですが、出来は二の次、気持ちよ〜〜く描ければ大成功。

路地 台南 / 台湾 Alley Tainan / Taiwan
Alley (Tainan / Taiwan) 「路地」台南 / 台湾

アルバロ・カスタニェット氏のワークショップが今年日本で行われるそうですよ。詳しくはこちらへ問い合わせるみたいです。

2 件のコメント :

  1. くどう先生 明けましておめでとうございます。
    今年もブログ訪問楽しみにしています。
    ささーと描く……憧れてしまいます。
    デッサン力のような基本が求められそうで、道のりは遠そうですが
    一度遊び心で試してみたいです。
    でもファーストウオッシュ?に赤色とは目からウロコの動画でした。


    返信削除
  2. ギンコさん、今年もよろしくお願いします。
    アルバロ氏の様に描くには、たくさん描かないとダメでしょう。ボクもがんばります。

    返信削除

ブログの感想をどうぞお願いします。

応援おねがいします。にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自己紹介

自分の写真

水彩画家のくどうさとしです。
Satosh Kudo / Watercolor artist
千葉と東京で水彩教室
【日本透明水彩会】(JWS)会員
Member of Japan Watercolor Society